このページの先頭です

結婚相談所(大手)の3つのデメリット 価格との釣り合いが

30views

投稿日:

今回は結婚相談所のデメリットについて
客観的に考察してみたいと思います。

ここでいう結婚相談所とは主に大手企業が運営している
データマッチング型と言われるところを指します。

大手の中でも仲人タイプらしきところもありますが
ほとんど中身は一緒なので区別はしないことにします。

主なデメリットは金銭面やサポート面ですね。

 

・大手結婚相談所の大きな3つのデメリット

 

大手の結婚相談所と言われるところはほぼ例外なく
データマッチング型という方式になっています。

公式サイトにログインしてめぼしい相手を
パソコンやスマホを使い自分で探すというシステムです。

なので結婚相談所とは言わず
結婚情報サービスのほうが正確な表現になります。

中には仲人がつくコースを用意しているところもありますが
評判を聞く限り純粋な仲人型の結婚相談所とは
サポートの質が違いすぎるように感じます。

 

前置きはこの辺にして、
そんなデータマッチング方式の結婚相談所の
デメリットは何かを具体的に見ていこうと思います。

 

まず主張したいのは今さっき指摘したばかりですが
サポートの質の問題です。

入会後は放置されるという話はよく聞きますし
質問しても連絡がつかなかったり、
マニュアル通りのような助言しかなかったり、

結婚できないのはあなたの責任などと
失礼な物言いのアドバイザーもいるほどです。

結婚相談所は決して安い値段で入れるわけではなく
大手の場合は大抵数十万レベルになります。

その値段は一般的には手間暇がかかる
サポート代を含むレベルだと考えられますが
なぜか上記のような有様です。

 

それに付随して値段も大きなデメリットになります。

何十万も払ってろくなサポートが受けられないのなら
詐欺と指摘されても仕方ありません。

その会社の会員数が多かったり
検索システムが優れているとしても、
全員が平等に活用できるとは限りません。

なぜなら都市部と地方では人口に開きがあるからです。

データマッチングというのは基本自分でやるものだから
アドバイザーにいろいろ頼るのは違うなどと
指摘する人もいますが、それならもっと安くできるはずです。

実際婚活サイトといったネット完結型などと言われるところは
入会金はかからず月利用料は2~3000円レベルです。

結婚相談所は月1万円以上かかるのが普通です。

 

会員数は多いように見えて実際は少ない場合も・・・

先ほど指摘したように地方と都市部では
人口が違いすぎるので地元で探しにくいこともあります。

会員数も実際は婚活サイトの方が多いので
そこはあまりアドバンテージにはなりません。

そしてポイントは大手サイト同士の会員が
共有できないことです。

仲人型の相談所だと連盟や協会に加盟していると
それぞれの会員を共有することができます。

そのため個々の相談所の人数は少なくても
全体だと5万とか6万人規模になります。

その数は最大手と言われる楽天オーネットの会員数をしのぎます。

中には自社で同時に運営する婚活サイトの会員も
紹介するところもあるようですが婚活サイトの会員は
相談所よりも結婚に対する本気度が低いので
紹介されてもあまり実らない事例が多いです。

 

・理想と現実のギャップが激しすぎる

 

他にも細かいことをいえばいろいろありますが
大筋ではサポート面の悪さ、高すぎる利用料、
会員数は多いようで少ないといったあたりだと思います。

改めて指摘したいのは、
言ってることとやってることが違いすぎることです。

ホームページ上ではどこもしっかりサポートします
みたいな主張をしていますね。

親身な対応を想起させるような説明ですが
それどころか入会案内から強引な勧誘があったり
退会もしにくいところもあったりするようです。

このようなデメリットを鑑みると
結婚するチャンスがふつうの生活を送るよりも
多くなるとしてもあまりメリットと感じないのは
気のせいではないはずです。

デメリットとメリットのバランスが全然取れてなさそうなので
現在検討中の方や活動中の方も
今一度考えてみたほうがいいと思いますね。