興味が湧いたきっかけは
少し下の妹が婚活を始めたことと、
何年も失敗しまくっていたから。

そろそろアラサーと言えるくらいの
年代になった頃から急に危機感が
募ってきたそうですが
職場でそういう話題が
増えてきたのもそうです。

同期が結婚したとか
他の部署の何々さんが
どうのこうって感じで。
ちなみに職業はOL。

こういっちゃアレだけど
職業も見た目も性格もそこそこ、
可もなく不可もなくって感じ。

それはもちろん
自分にも言えることなんですが・・・(笑)

妹はそろそろ結婚適齢期?
っていえる年頃になってきたし
触発されて始めることにしたそうですが
まあ結果は散々っていうね。

毎週のように婚活パーティーや
街コンに参加するのは当たり前で
その他にも婚活サイトや
婚活アプリも利用してました。

出かけるときはテンションが高く、
帰ってきたら落ち込んでるか
ムカついてるかという
おきまりパターンを
何度繰り返してたことか・・・(笑)

そんな妹を見てると
ある時ふと疑問に思いました。

相手も結婚目的で活動してるわけだから
恋人を作るようなテンションではないはず。

もちろん相性の問題はあるとは思いますが
それにしてはうまくいかなさすぎるなぁと。

念のためもう一度言っておきますが
妹はそんなにブスなわけでも
高望みしてたわけでもありません。

周りからはモテそうなのにと
言われることがあるので
外見はそこまで悪い方ではないと
客観的に言えます。

あと条件についても年収1000万とか
有名人の○○君に似てないとダメとか
背が180センチ以上ないとダメとか、

長男じゃないとか親と同居してないとか
そういうの全部じゃないと駄目とか
そんな現実逃避チックな設定はないです(笑)

細かい条件は二の次として
性格に問題なさそうなら
アプローチしてみるって感覚でやってました。

いわゆる三平でもいいって感じでしょうか。

それならそのうち自然といい人が見つかって
明るい人生の第二幕が始まるかな^^

と、その時は思ってたんですが
気になっていろいろ調べてみたら
その考えはパフェよりも
甘いことに気づきました(笑)

 

婚活って世界は思ったより
ずっとダークだったんです・・・

 

ブラックコーヒーや
カカオ豆よりずっと苦い(黒い)。

これじゃあ結婚できなくて
当たり前だよなぁと
調べれば調べるほど
納得してしまったくらいです。

問題は婚活っていう活動そのものではなく
サービス自体にあることがわかりました。

もちろんちゃんと人のためを思って
運営してる良心的な結婚相談所もあります。

ありますけど・・・

そういうところは極一部ってことと
たとえ良心的な相談所に
たどり着いたとしても
頼ってるだけでは結婚できません。

 

結局は自分で動いて
どうにかするしかないですよね。

 

でもここに入れさえすれば結婚できる!
っていう他力本願な方がとても多いです。

もしかしたら妹も
その類だったかもしれません。

その点も考慮して活動してみてくださいね。