サンマリエがibjに買収されることが
決まったというニュースは
かなり意外だったのでびっくりしました!

そのことについて思うことを
つらつら書いていきますね!

いい方向に向かえばいいんですけど。

・IBJがサンマリエを完全子会社化へ

IBJの公式ホームページを
なんとなくさらっと見てたら
サンマリエっぽいロゴが見えたから
最初は気のせいかなと思ったんだけど
そうじゃなかったのね。

2018年11月9日付けのお知らせで、

サンマリエを運営するハピライズ株式会社の
全株式取得による完全子会社化を
決定しましたと報告してます。

お知らせの中ではグループ化と
やんわりとした表現を使ってるけど
要は買収したってこと。

買収するメリットはいろいろあるそうだけど
代表的なのは1から始めるよりも
はるかに早く事業拡大できるってことだね。

婚活的にいうとデータベースが拡大して
出会いの機会が大幅に増えるってこと。

個人的に注目してるのは店舗数の拡大です。

IBJメンバーズだけだと
14店舗しかないから
大都市圏以外の人は
そもそも利用できないのは痛いよね。

サンマリエは全国56箇所も
サービスを展開しているから
これまでより多くの人に
アプローチできそうですよね。

でもやっぱりデメリットのほうが
気になっちゃいます。

・サンマリエの買収で考えられるデメリット

出会いの数が増えるのはいいことだけど
やっぱり気になるのは
サンマリエそのものです。

前にも書いたけど、
サンマリエは問題部分がとても多い
結婚相談所ってことは有名です。

簡単にいうと入会時は勧誘がしつこく、
宣伝とは違うサポート内容で
いい人が紹介されない、

お見合い料が高くつくとか
いろいろ判明してます。

それに行政処分まで受けてたっていうから
これまたびっくりな話でした。

参考:サンマリエの笑えない事情いろいろ

買収は親会社にとっては
基本的に有利ではあると思うけど、
もちろんデメリットもあります。

ブランドイメージが
低下する恐れがあるのね。

逆に完全子会社をもってるってだけで
信頼度が上がるとも言われてるけど
それは時と場合によると思います。

もし何らかの不祥事を子会社が起こしたら
親会社のイメージが
自動的に傷ついてしまうよね。

一応、完全子会社化したら
親会社の意向が強く反映されるから、

良い意味の色に染まってくれれば
いいんだけど・・・

あと気になるのが、
意外とサンマリエの展開地域も
限られてるってことと、
会員数はたいして変わらなそうってこと。

一応全国56箇所ってなってるけど
ほとんどはサテライトなのね。

サテライトっていうのは出張所って意味で
月イチしか開催してないのね。

サロンとして展開しているのは
東京と横浜、名古屋、大阪、
広島、岡山、博多の9つで
IBJメンバーズより少ないっていう。

まあないよりはいいんだけど
まだちょっと微妙かなってところ。

あと会員数はおそらく1万人も
いないってところだから、
急にドカンと増えることはないでしょう。

サンマリエの会員さんにとっては
一気に増えることになるから
すごいメリットにはなります。

でもサポート体制が変わらなければ
いくら会員が増えたとしてもあれだから
そのへんがどうなるか一番の注目ですね。

もしもサンマリエの体制が
悪いままだったら株を売って
さよならできるから、

IBJにとっては大きな打撃はないかもだけど
サンマリエにとっては見限られたら
そうとうやばいよね。

それこそブランドイメージが
地の底に落ちると思う・・・^_^;

正式に株式を買うのは
2019年の元旦だそうですが、
いきなり変わることは考えにくいので
中長期目線で見守る必要があります。

なにか気になることがあったら
追記していきたいと思います^^