IBJメンバーズの成婚率に文句を言う人がいますが…

カツミです^^

今回はIBJメンバーズと成婚率について
いろんな視点から
考えてみよっかなと思います。

IBJメンバーズって成婚率がとっても高いから
良い意味でも悪い意味でも
すごく話題になりやすい特徴があります。

てかどっちかというと
悪い意味で広がる(広げられる?)場合が
多いような気がします。

それはそれで仕方ない部分もあると思います。

結婚相談所の成婚率って実は低いので
それと比べると雲泥の差ですからね。

本当かな?って思うのも無理はないです。

でもいろいろ体験したり調べたりすると
差ができるのも当然かなって思えますよ^^

こんな感じであれこれ喋っていきます♪

・IBJメンバーズの成婚率について

成婚率って婚活の話をすると
必ず出てくるキーワードのひとつですよね。

私も結婚相談所の知識を深めるにあたって
けっこう気にした部分です。

情報が出てくるのは大手くらいでしたが
どこも確か10%を切るくらいだったかと。

よくて20%とかだったと思います。

で、IBJメンバーズの成婚率は
どのくらいかっていうと50%以上です!

時期によってもちろんかわると思うけど
2017年の下半期だけで
51.5%って数字だったらしいです。

よく1年以内の結婚を目指しましょうって
言われますけどIBJの場合は
半年でそれだからすごいですよね~

タイミングによっては
60%を超えることもあるとか。

ちなみに5人に4人、
つまり80%の人は入会から
3ヶ月以内に真剣交際にまで
発展してるそうです!

お見合いの決定率も
同じく3ヶ月以内に95%と
たぶん他の相談所を
圧倒してると思います。

私は社員でも業界人でもないので
詳しい内情はわからないですけど
いろんな結婚相談所のホームページをみると
1年以内を目標にしてるところは
けっこうありますよね。

おそらく婚活する人は恋愛が目的じゃないから
早く結婚したい人が多いんだと思います。

女性は特に出産リミットとかありますしね。

あとダラダラ婚活すると時間もお金もムダですし
精神疲労も半端ないですよね。

だから業界一丸?となって1年以内というのが
スタンダードみたいになってるんだと思う。

にも関わらず数字に開きがありすぎなので
なんでかなと疑問に思う人は少なくないはず。

私のかねてからの疑問は、
婚活を始める前はなんで結婚したい者同士が
わんさか集ってるのに結婚できない人が
多いのかってことでした。

まあそれは素人なりに調べていくうちに
自然とわかっていきましたけど^-^;

個人的に大事かなぁと思うのは
成婚率はあまり気にしないことですね。

それはIBJメンバーズも伝えてたと思いますけど、
成婚率は結婚相談所によって算出法が違いますし、
会員数も違いますし、サポートの質も違います。

あと人それぞれの性格、進め方、仕事の忙しさ、
気持ちの揺れ動きも違いますので
客観的な数値を出すのはたぶん不可能ですよね。

だから私は参考程度に留めておいて
ちょうどいいかなと今は思ってます。

でもすごく気にする人も多い事情あるので
がんばって文字を書いてます(笑)

成婚率についての細かい考えは
また別のページで書いていこうと思います。

・IBJメンバーズの成婚率が嘘だという意見

成婚率が10%前後がそこらの
結婚相談所業界において50%とかいったら
話題に上るのは必然です。

この業界は私が思うに
黒い部分が多々見受けられるので
どっちかというとネガティブな
意見の方が多いように感じます。

お金が大きく動く世界って
大抵そうですよね。悲しいですけど。

成婚率はある意味では結婚相談所の
最大のアピールポイントみたいなものなので
余計目立つところです。

だからイチャモンも付きやすいところで
IBJメンバーズもだいぶ矢面に立つ形に・・・

じゃあどんな意見があるのか
とりあえず見ていこうと思います。

そのままコピーするのは嫌なので
私なりの言い回しに換えていきます。
もちろん内容はそのまま。

それに対してのツッコミも
同時に書いておきました^^

当サイトの恒例ですね(笑)

●口コミその1

成婚率の高さをウリにしてるようですが
それは成婚率が高く見えるよう
計算してるからです

成婚するかしないかは本人次第なので
騙されないよう注意してください

ほかにも同じくらいのサービスで
良心的な価格でやってる
相談所はたくさんあるので
そちらに入会するのが賢明です

●口コミその1へのツッコミ

成婚率を高くしているように
見せているといいますが
具体的にどう計算しているのかを
示していないのが引っかかります。

成婚するかしないかは本人次第というのも
どういう意味かいまいちピンと来ません。

単なる退会者も成婚者に含んでると
疑っているのか、

IBJメンバーズを通さず成婚してる人も
ごちゃまぜにしてると思ってるのか、

成婚できるとしても個人差があることを
言いたいのかよくわかんないですね・・・

そして他にも同じくらいのサービスで
リーズナブルな結婚相談所はたくさんある
とのことですがそれこそ
例を示してほしいですね。

もちろん私も知られていないだけで
他にもいいところはあると思いますが
知ってるなら教えて欲しかったなぁ。

そっちに入るのが賢明だといっても
どこだろうってなっちゃいます・・・(笑)

要は疑いたいだけだと思いますけど^^;

●口コミその2

半年以内の成婚率が50%以上と
大げさに宣伝していますが
実際はそのうち1割は他のところで
知り合った人も含まれています

それを自社の成婚率に含めてる時点で
どうかと思いました

はっきりいってやめたほうがいいです
いま所属してますがもうやめたい

●口コミその2へのツッコミ

成婚者の1割は他で知り合った人も
含まれているという指摘ですね。

それってふつうのことなんですけどね・・・

だって必ず結婚相談所の会員同士で
結婚しないといけないって
ルールはないですからね。

ましてや自社会員同士じゃないと
ダメなんてルールは聞いたことがないです。

たまたま外で良い人と出会うなんてことは
ざらにあると思いますし、
それをきっかけに辞める人も多いです。

まあここは議論が
分かれるところだと思うので
そう言いたくなるのもわかる気もします。

たまたまの出会いがきっかけなら
結婚相談所は全く関係ないから
成婚者に含めるのはおかしいって主張も
わからなくはないですね。

でも結婚相談所に入ったことがきっかけで
いろんな意味で活動的になったおかげで
出会いに繋がったのかもしれないし、

もしかしたらセミナーやパーティーで
人との接し方が上手になった末の
成婚だったかもしれないので
線引は難しいと思います。

個人的な予想では結婚相談所なら
どこでも含めてるっぽいから
どっちもどっちって思ってます(笑)

とりあえず言えることはそれだけで
悪い結婚相談所とは判断できないので
なぜやめたいのかがよくわからないです。

●口コミその3

成婚率は入会人数の成婚退会人数ではなく
退会者の成婚退会人数の割合だし

同業者にもみっともないって書かれてます

ここまでダメ出しされるなんて
お粗末な相談所(笑)

●口コミその3へのツッコミ

この人が言うには入会人数ではなく
退会者を規準にしてるそうですけど、
その理由が書かれてないから
なんともいえません。

同業者にみっともないとか
言われてるそうですが
ちなみに業界で話題になるってことは
大抵ネガティブキャンペーンの
フラグだったりします。

結局はライバルなので蹴落としたいと
思ってる会社も多いんですよね。

それは婚活業界に限らない共通した部分です。

最近はそういう人をわざわざバイトとして
雇ってやってる企業もあるそうだから
気持ち悪い世の中になったものです・・・

●口コミその4

たしかに成婚率が5割って書いてますが
それは自分たちの
都合のいいように見せてるだけです

ふつうは分子に成婚退会者数
分母に総会員数を当てはめて
算出すると思いますよね?

でもこの相談所はそうではありません

分母を総退会者数にしていますし
成婚退会者数のうち10%程度は
IBJメンバーズ以外で出会った人も含みます

要は水増ししていることになります

成婚率が高い相談所はどこも同じような
算出法かもしれないですね

●口コミその4へのツッコミ

この人もその3の人と同じく
分母を総退会者数にしてることが
問題だと主張しています。

つまり成婚者を退会者で
割る方法だと思いますけど、
それがふつうの算出法らしいですけど…

その算出法は成婚した人が多いほど
数字が大きくなる特徴があります

期間はわかんない欠点があるけど
IBJメンバーズは期間も示してるので
ちゃんと公開してると思います。

他の相談所は逆に非公開に
してる部分が多いですよね。

会員数すら秘密のところもあります。

そういうところと比べると
だいぶ誠実だと思うんですけどね。

ちゃんとやってるなら
小細工は必要ないと思います。

あとIBJメンバーズ以外で出会った人も
1割含んでると主張してますね。

なんだか主張がとても
似通っているのですが
気のせいなのかな・・・

さっきもいったように、
そういうシチュエーションはどこの
結婚相談所にいようとありえる話だから
水増しは言い過ぎだと思います。

ちなみに口コミの部分ではかかなかったけど
その人は一部おかしな主張もしています。

「会員数は6万人と書いてるけど
それは日本全国の提携先の相談所の会員を
含めての人数でIBJメンバーズの会員は
ほんの数百人にすぎない」

⇒これは仲人系の結婚相談所だから
極々当たり前の特徴なので
とくに突っ込むところじゃないと思います。

IBJは大企業って言えますけど
自社会員だけだと限界があるから
連携して会員数をカバーする仕組みは
優れてるんじゃないかな。

数百人って部分はよくわかりませんが
少なくとも大手と言われる相談所よりは
可能性が大きいってことは確かだと思う。

「自社会員が多いオーネットや
フィオーレなどの大手の相談所みたいに
紹介がなく自分で条件入力して検索して
お見合い相手を探さなければならない」

⇒今の時代の婚活は
検索するのは当たり前で
プラン内の紹介人数だけではなく
自分でいろいろ見てみるのは
ふつうの行動です。

IBJメンバーズは紹介がないコースと
あるコースに分かれてますけど
そこを考慮してるのかなぁ

逆に大手ほどちゃんと紹介してるの?って
突っ込みたい人は多いハズ・・・(笑)

ほとんど機械任せだし、
会員数が少ないところは
全く希望に沿わない人を平気で紹介するとか
変な話は枚挙にいとまがないです。

ついでに料金が高いって
イチャモンもつけてますが
それこそ大手に対して突っ込みたいです!

仲人系とほとんど変わらないのに
サポートが手抜きだから
実質一番高いと思うのは
私だけじゃないはず。

ちょっと成婚率とはずれちゃいましたが
IBJメンバーズへの文句は
具体性に欠けるものが多く
無茶苦茶な主張が多いって印象ですね。

他にも探せばいろんな
反対意見が出てくると思います。

ポイントはやっぱり算出方法と
それを自分の中でどう捉えるか、ですね。

・成婚率はひとつの参考くらいに思いましょう

人によって活動の仕方も長さも違うから
成婚率という数字で表現するのはナンセンス
という意見もあります。

確かにそれもわからなくはないですけど
それとは反対の意見もあります。

結婚相談所はデータを
公表しないところが多いから
出してくれたほうが
潔くて良いって感じで。

たしかに自信があるなら
隠す必要はないですよね。

中には会員数すら
非公開にしてるところもあります。

規則とか社外秘といえばそれまでですけど、
客観的なデータもある程度は
必要だと思いますので
私は公表してくれたほうが
助かると思う派ですね。

だって単純に人数が少なすぎると
出会いの幅は少なくなるので
そのくらいは知りたいと思うから。

ちなみに経済産業省が大手の結婚相談所の
成婚率を公表するまで
あまり知られていなかった、
という文言を見て思ったのは、

やっぱりどこかで隠したい気持ちが
あったんじゃないかと思ってます。

まあなんだかんだいって結論としては、
成婚率はたとえ全社が統一したルールで
算出して導き出したとしても
参考程度にしときましょうってことね。

同じ会員でも成果に違いが出るのは
その人のやる気次第ですからね。

成婚率がたとえどんなに高かったとしても
それは結果論に過ぎません。

結局は自分で動くしかないわけなので
この結婚相談所に入れば
結婚できるなんて思ってたら
さすがにIBJメンバーズの
カウンセラーさんにも
怒られると思いますよ(笑)

むしろちゃんと怒ってくれるところが
親身な対応をしてるって
ことなんですけどね^^